地域の方々と共に、災害に対する備え。対策を考えるボランティア団体です。

ようこそ!!千葉県災害対策コーディネーター茂原のホームページへ 

          2022/1/31現在

私たちは、千葉県災害対策コーディネーター茂原

(略称:災対コー茂原)と申します。

 2010年4月に17名で設立し、2020年4月には「女性10名」含み80名まで会員を増員し、ここに10周年を迎えました。

 防災・減災を目的に日々教育・訓練を継続し、会員皆様の協力と努力を積み重ねて今日に至りました。その裏には行政の「茂原市総務部防災対策課」及び「茂原市社会福祉協議会」の各位の指導と、「千葉県防災士連絡会」の皆様方より技術の指導が有り、良きパートナーに恵まれた賜物と思われます。

 活動の中身は、東日本大震災では、支援物資の仕分け・支援金募金活動・被災地へのボランティア活動を実施し、茂原市の度重なる豪雨災害にも、ボランティアセンターの運営スタッフや被災者宅へのボランティア活動に会員多数が参加し活躍してまいりました。

 地元の自主防災会等に対して、我々が持っている技術を用いての教育・訓練を「HUG」「DIG」「がれきからの救出訓練」「身近にある物を使用する応急手当訓練」等、数多くご依頼が有り実施しております。

 今後も千葉県災害対策コーディネーター茂原の発展と会員の皆様方のご健勝を祈念し、防災・減殺の活動を続けるセミプロ集団として継続出来ますように努力邁進しますので、関係各位のご協力とご支援をよろしくお願い致します。

                                            会長


茂原市民活動アワード2021で表彰されました

             組織図

       組織人員  2022/1/31現在

男性 :69人 女性 :10人

<会員防災関係取得資格>

防災士:             8名

長生郡市広域消防応急手当普及員:20名

茂原市防災指導員:       14名

日本赤十字社救急法救急員:   12名

日本赤十字社芝県支部

防災ボランティア地区リーダー: 16名          


携帯電話で閲覧する場合は、右のQRコードからどうぞ